本文へ移動

一般社団法人吉川松伏医師会からのお知らせ

吉川松伏医療と介護連携の会「講演会」開催しました。
2016-02-16
地域を繋ぎながら認知症の人を見守る活動に取り組まれた猿渡進平氏をお招きし御講演と、吉川松伏の地域で見守り活動などを実施している住民によるパネルディスカッションを行い、240名の御参加をいただきました。また、会場の参加者の方からも多くの御意見を頂きました。 ありがとうございました。
1.日 時  平成28年2月14日(日)  午後13時30分から16時
2.場 所  吉川市 市民交流センターおあしす 多目的ホール
3.内 容
(1)講演: 「認知症になっても安心して暮らせるまちに」~最期まで我が家で暮らし続けるためにできること~
(講師)医療法人 静光園 白川病院
    医療連携室 猿渡進平先生(現在 厚生労働省出向)       
(2)パネルディスカッション
 ・吉川市 キャラバンメイト 大手俊之 氏
 ・吉川市 認知症ケア専門士 大原和子 氏
 ・吉川市 市民ボランティア 福澤静枝 氏
 ・松伏町 キャラバンメイト 弓田 清 氏
 ・松伏町 民生児童委員   長山隆子 氏
 ・松伏町 在宅介護の会   石塚ヒフミ氏
      たんぽぽ             
4.主催等  主催:吉川松伏医療と介護連携の会   共催:吉川松伏医師会/吉川市/松伏町 
0
6
7
7
7
5
TOPへ戻る